トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

50.繁昌亭の楽屋番のこと、師弟のこと

今、上方落語協会が発行する冊子『んなあほな』の
編集委員をさせてもらっている。
次号のぼくの担当記事は、
「地域寄席探訪」と「特集・楽屋番の一日」のコーナー。

それでようやく本日、入稿を済ませた。

「楽屋番」とは、楽屋の一切を取り仕切る係のことである。
これには、原則として入門して3年前後の者が受け持っている。
楽屋番の下には、楽屋見習いというのがつき、
二人ペアになって働く。

hannjoutei7.jpg


天満・天神繁昌亭は、大阪の落語家にとって61年の悲願であり、
平成18年9月5日にそれが叶ってから、この9月で7年になる。
東京と違って、歴史が浅い分、
楽屋番ひとつ取っても、試行錯誤が続いた。
楽屋番は、当番制なので、
彼らは、得た情報をなるべく共有すべく、
しっかりノートに書いて申し送りをしている。

gakuyabann1.jpg

内容は、差し障りない部分しか紹介できないが、
例えば、こんな感じ。

「○○師匠には、熱いお茶を出さないでください」
「○○師匠は、お茶ではなく、白湯でお願いします」
「○○師匠の出番の時は、下座に白湯を置くように」
「(同じ咄でも)○○師匠は『手紙無筆』、△△師匠は『平の蔭』と記す」
「大入り袋は出番前に渡すように」
「○○師匠は化粧前ではなく、中央の机が常席です」
「○○師匠に大入り袋を渡し忘れたのでよろしく」
「洗濯物は支配人室で干すことに決まりました」
「洗濯物は予備室で回してください」
「神棚の榊の蓋を割ったのは私です」
「このノートへの記入は筆ペンではなく、ボールペンにして下さい」
「○○師匠は、楽屋ではパイプ椅子をお願いします」

きっと将来、貴重な資料となって、高値がつくんだろうなあ。

gakuyabann3.jpg


さて、ぼくが取材した日の楽屋番は、春蝶君の弟子の、紋四郎君。
楽屋見習いとして、染八君。

ちなみに、先代の「春蝶」は、ぼくの師匠である。
息子の彼が名を継いでくれたので、
今はその偉大なる「春蝶」の名を「君づけ」したり、呼び捨てにしたり。

でも、二人っきりの時は「大助」と呼んでいる。

今、ぼくの内弟子時代の話を共有して話できるのは、彼ぐらいだろうか。
ぼくが師匠の家に住み込みだった頃、彼はまだ、小学1年生だった。
ぼくの朝の日課は、彼の寝小便布団を干すところから始まった。

大助君(現・春蝶)の寝小便は、小学5年生まで続いた。

「大助、心配することあらへん。寝小便なんてじきに治るから。
 俺なんか、6年生まで垂れてたで」とぼく。
 
 すると、それを横で聞いていた師匠(先代春蝶)が
「アホか!わしは、中学生までやってたわ!!!」
 
変な自慢である。
 
さて、紋四郎君だが、師匠の春蝶君の若い頃と比べても、
大層真面目で、大人しく、従順な若者である。
というのは、現・春蝶君は、あれで結構向こう意気の強いところがある。
きっとお父さん似なんだろう。

師匠と正反対のタイプが弟子につくというのは、
この世界ではよくあることだ。

春蝶君と談笑していると、
当然ながら、紋四郎君は、師匠である春蝶君を
少し離れたところからじっと見つめている。

弟子と、ストーカーは紙一重である。

でも、この「いつも見られている」という視線が
師匠を、師匠らしくするのかも知れない。
春蝶君と、紋四郎君を見ていてそう思った。

また、楽屋番と楽屋見習いの関係も然り。
紋四郎君は、てきぱきと染八君に指示を与えて、
責任者としての「らしさ」を感じた。
染八君も手際よく動いている。

つまり、これらは「いい上下関係」。


また、落語家の世界は、「御恩返し」といって、
上から受けた恩恵は、下に返すことになっている。

やはり、「いい上下関係」。

gakuyabann6.jpg

さて、「楽屋番の一日」の本編が掲載された「んなあほな」は
ゴールデンウィーク頃に発行される予定。
是非、お買い求めください。300円。

※天満天神繁昌亭の他、大阪・千日前の波屋書房、
 なんばパークス5階の&音(あんどん)、
 ジュンク堂の千日前店でもお買い求めいただけます。
 また、島之内寄席をはじめ、落語会会場でも販売しています。
 詳しくは、上方落語協会ホームページまで。

桂蝶六のホームページはこちらです。

桂蝶六「口はにぎわいのもと」
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

蝶六改メ三代目桂花團治

Author:蝶六改メ三代目桂花團治
落語家・蝶六改め、三代目桂花團治です。「ホームページ「桂花團治~蝶のはなみち~」も併せてご覧ください。

http://hanadanji.net/

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

ブロとも一覧

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR