トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

59.愚か塾の落語発表会6月1日(土)

6月1日(土)12時50分より(終演予定:16時)
 高津神社にて 500円
 
12時50分 「演者紹介」司会:桂蝶六
13時00分 「寿限無」愚家水蜜桃(名村靖子)
13時10分 「子褒め」天満家痴療(木本正英)
13時30分 「親子酒」愚家かゑる(米田薫)
13時50分 「つる」愚家楽記(吉村吾郎)
14時10分 「親子茶屋」愚家小がん(住岡英毅)
14時30分   中入り
14時40分 「蝦蟇の油」おしゃべり亭一服(尾花正敏)
15時00分 「壺算」賑わい亭楽走(島野哲司)
15時20分 「お楽しみ」桂蝶六
15時30分 「大喜利」司会:桂蝶六
16時00分  終演予定

       (時間は、あくまでも目安です)

        三味線:はやしや香穗


orokajukumoyou.jpg


開口一番は、水蜜桃(名村靖子)さん。
普段は大学で「栄養学」を教えてらっしゃいます。
皆さん、そうですが、忙しいなか、時間をやりくりして、
やっと今回の初高座にこぎつけました。
物静かで大人しいイメージだったのですが、
落語をやっておおいに化けました。
落語は、その人の「らしさ」を裏切る。これがまた面白いんですね。

二番手に登場するのは、痴療(木本正英)さん
救急救命医という経歴をもつ痴療さんは、
以前こんなことをおっしゃってました。
「救急患者にカテーテルを差し込むとき、
 肩から腕が生えているという感覚で行うと、失敗を招きやすい。
 腹の下=丹田から、直接手が生えているって感じで行うといい」
どこか落語にも通じるところが。
ちなみに、前は『繁昌亭落語家入門講座』におられました。
どうしてもあちらの曜日が合わなくなって、
今回から「愚か塾」に参加してもらっています。

腰痛を治すのは、医者ではなく、あなたです。 超簡単「痛い!」のカガク<腰痛・ひざ痛・骨粗しょう症・むち打ち損傷編>腰痛を治すのは、医者ではなく、あなたです。 超簡単「痛い!」のカガク<腰痛・ひざ痛・骨粗しょう症・むち打ち損傷編>
(2010/11/26)
きもと まさひで

商品詳細を見る


三番目には、臨床心理士の愚家かゑる(米田薫)さん。
稽古では、いつもムードメーカーとして活躍してもらってます。
最近では、自慢の頭を武器にしておおいに暴れます。
ぼくのなかでは、吉本新喜劇で大好きだった室谷信雄さんと、
雰囲気といい、声質といい、どこかかぶってしまいます。

厳選!教員が使える5つのカウンセリング厳選!教員が使える5つのカウンセリング
(2007/08)
米田 薫

商品詳細を見る


いじめ (育てるカウンセリングによる教室課題対応全書)いじめ (育てるカウンセリングによる教室課題対応全書)
(2003/06)
米田 薫、八巻 寛治 他

商品詳細を見る


四番目は、京都の老舗菓子店に勤めておられる楽記(吉村吾郎)さん。
初回の稽古では、菓子折を持参。
「あ、これ、よく進物に使うんです。美味しいですよね」
「実はうちで出している菓子です」
ホームページから入塾して来られた第一号。
半年でここまで上達してくれて、ぼくも自信に繋がります。
ぼくの咄を、今一番忠実に真似してくれているのは彼。
本当に嬉しいやら、恥ずかしいやらですが、

次に、ぼくを大阪青山大学に導いて下さった愚家小がん(住岡英毅)さん。
ぼくが、「今もっとも教壇に立ち続けている落語家」というキャッチフレーズを
使わせてもらうようになったのは、小がんさんのおかげです。
授業も、落語も、「対話」の意識が大切、なんて、
実は、小がんさんに授けてもらったことなんです。
で、今回は、教育社会学がご専門の教授ということで、
「親子」がテーマの咄を一席。

生涯学習社会 (MINERVA教職講座)生涯学習社会 (MINERVA教職講座)
(2001/04)
讃岐 幸治、住岡 英毅 他

商品詳細を見る


地域で創る学びのシステム―淡海(おうみ)生涯カレッジの挑戦地域で創る学びのシステム―淡海(おうみ)生涯カレッジの挑戦
(2009/07)
住岡 英毅、神部 純一 他

商品詳細を見る


中入りを挟んで、おしゃべり亭一服(尾花正敏)さん。
最近、中国武術教室の講師を勤めるようになりました。
「落語をやることが、人前に立つ自信に繋がっている」なんて、
いつも嬉しいことをおっしゃって下さいます。
かなりの博識、読書家で、
ぼくの書斎に、三木清、西田幾多郎といった哲学者の本が
「積ん読」されるようになったのは、明らかに一服さんの影響。
『ECC落語教室』からのお付き合いで、
当初は枝雀師匠の音源にこだわっていた一服さんも、
今では、ぼくの音源でのお稽古にこだわってくれています。
ぼくも緊張します。

人生論ノート (新潮文庫)人生論ノート (新潮文庫)
(1978/09)
三木 清

商品詳細を見る


さて、終盤間近に、賑わい亭楽走(島野哲司)さん。
日本だけでなく、世界中のマラソン大会に出場しているスポーツマン。
大手保険会社の教育部長をご退任後、
この度、シニアカレッジの事務局にお勤め中。
これまでに培ったスポーツや保険、教育の知識を生かして、
第2の人生を疾走しておられます。


こうして見ると『愚か塾』には、本当に「お忙氏」が多い。
今回は出演されませんが、
他に塾生として、役者修業中の若者や、OL、メーカー勤務、
学校事務、古本屋経営、フリーター、寺のご住職、等々、色んな立場の方々がおられる。
『愚か塾』では、お稽古のみならず、
落語というものを軸に、様々なテーマで語り合います。

それぞれの持つバックボーンを落語にどう反映させるか。
これもまたみどころです。

これからも、お互いに教えを乞う、学び合うという関係でいたいなと
思っています。


少しでも、落語や『愚か塾』に興味をもたれた方は、
是非、6月1日(土)12時50分、
高津神社に足をお運びください。
心より、お待ちしております。(蝶六ホームページから、「問い合わせ」でご予約頂ければ幸いです)

よろしければ、打ち上げもご一緒に。(その場合は、事前にその旨、ご一報くださいませ)
桂蝶六ホームページを開いて、問い合わせをクリック)

桂蝶六ホームページ

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
11:管理人のみ閲覧できます by on 2013/04/25 at 23:40:20

このコメントは管理人のみ閲覧できます

プロフィール

蝶六改メ三代目桂花團治

Author:蝶六改メ三代目桂花團治
落語家・蝶六改め、三代目桂花團治です。「ホームページ「桂花團治~蝶のはなみち~」も併せてご覧ください。

http://hanadanji.net/

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

全記事表示リンク

ブロとも一覧

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR